ロゴ

ブログ
blog

時期尚早?

昨日は今年始まって初のオフラインセミナーに参加しました。

コロナ禍におきましては、「オンライン〇〇」がやたらともてはやされているので、(移動)時間がムダとか、まだ

 

時期尚早という考えもあるのでしょうが、いつもとは違う場所で気持ち新たに?話を聞くという行為は、

 

捨てがたいものがあると思います。

 

先日、高知県の知事・県議の皆さんが100人規模の宴会を開いて、一部(大部分?)からバッシングされておりました。

 

これまた時期尚早という言葉が流れておりましたが、これを仰る方々は「いつならいい」「こうなればいい」という

 

基準はおもちなのでしょうかね?

 

これだけ経済に影響が出ていて、売り上げ減少の結果、倒産・廃業・が増える中、じっと耐えるのももう限界が近いと

 

感じます。

 

コロナの大騒ぎが始まった3月初旬、当社の幹部から

 

「休業しましょう」

 

という話が出ました。

 

当時の私の考えは、

 

「コロナは簡単に終息しない。まず間違いなく長期化するから、感染しにくい対策を取りながら通常通りの営業を

 

続けなくては社員の生活が守れない」

 

でした。

 

結果として社員と取引先の協力の元、この4ヶ月近くの間、感染者を出すことなく営業を続けられております。

 

そこには感謝しかありませんが、売り上げが減ったのは事実ですし、そろそろ次の段階に進まなきゃ

 

ジリ貧だと考えております。

 

今回のセミナーも、消毒・検温・ソーシャルディスタンスなど、今では当たり前になった対策は取られておりました。

 

それでもちょっと前なら間違いなくオンラインセミナーだったと思います。

 

これらの対策を取りつつ、オフラインセミナーを開催したのは、新たな一歩です。

 

もちろん強制的なセミナーではありませんから、参加者もリスクを納得して来ているのでしょう。

 

ただ、感染リスクはいつまでたってもゼロになることは無いでしょうし、ワクチンができて死なない病気となるかは、

 

インフルエンザなどの事例を見れば明らかです。

 

100%安全な病気なんてどこにもありません。

 

少なくとも私は、が新たな取り組みを始める正にその時期だと考えます。

 

結果だけを見て、そして何もチャレンジしないで「あれが悪い」「これが悪い」という評論家には

 

なりたくないですね。

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社長ブログ

4連休