ロゴ

ブログ
blog

性善説

常務が先週、沖縄視察に行ってました。

 

トップの画像は、弊社常務からいただいた沖縄土産。

 

来年あたり、リョーユウ工業㈱沖縄支店ができるのでしょうか?(謎)

 

そのとき私は、支店長に格下げ&単身赴任を希望するのかもしれませんね(笑)

 

 

さて、政府肝いりの政策であるGo To〇〇・・・

 

毎日のようにトラブル?悪用?が発生したと報じられておりますが、それを見て皆さんは

 

どのように感じていらっしゃいますか?

 

私もやってみよう」

頭のいい人がいるもんだ」

悪い奴がいるもんだ」

政府は何やってんだ」etc 

 

他にもいろんな受け止め方があるのでしょうが、経営者の立場である私の感想はというと、

 

「悲しいね・・・(涙)」

 

です。

 

コロナ禍において、いろんな補助金・助成金(以下助成金で統一)が発表されました。

 

コロナ禍以前も「企業向け」「個人事業主向け」のそれはたくさんありましたが、

 

今回は「個人向け」「一般家庭向け」のものもたくさん出ていますよね?

 

ある意味、助成金が「身近になった」「当たり前になった」ともいえるかもしれません。

 

が、この手の助成金っていうものの原資は、私達が納めている税金です。

 

いつかは何かしらの形で私達が返すものです。

 

以前から助成金を「悪用」する「悪い奴」はいらっしゃいました(爆)

 

まぁ法に触れなければOKという考え方も間違いでは無いので、「悪用」とか「悪い奴」と

 

表現することも適切ではないかもしれませんが、法の目をくぐって利用する方は間違いなくいました。

 

極論を言えば一部では暴〇団の資金源になることもありました。

 

その報道を見た一般人は

 

悪い奴がいるもんだ」

 

という感想になるのでしょうが、助成金が一般的になったことで、その「悪い奴」が一般人にまで

 

広まった・・・というのが現在の状況と言えるかもしれません。

 

最近発表される政策にはツッコミどころが満載(笑)ではありますが、こういう助成金悪用の話題って、

 

アベノマスクのときほど世間一般から叩かれることが少ないと感じませんか?

 

それってなんででしょう?

 

私はそれを「上手くやれば自分も恩恵にあずかれる」からだと思います。

 

そこでタイトルの性善説なのですが、現在国が取っている政策や、例えば会社で行う福利厚生のシステムも、

 

考えた人は「国民(社員)に良かれ」と思って考案し、実施します。

 

ただ、立案の状態では、正直穴だらけのルールであったりするわけです。

 

だって、悪用されることなんて考えていないので・・・(爆)

 

穴だらけということは、抜け道を探すのも容易なんですね。

 

その抜け道を悪用されると「穴を埋める作業」=「ルールの厳格化」が発生します。

 

それこそイタチごっこのように延々とその作業が続くわけです(汗)

 

終いには本来の趣旨と違ったモノになったり、使いにくくなってしまうこともあります。

 

計画・立案したものからすると、これほど悲しいことはありません(涙)

 

でも公平性を保とうとすると、そうせざるを得ないんです。

 

「やったもん勝ち!」ということほど、不条理且つ不公平なことはありませんから。

 

マジメな人が損をするってことですからね。

 

かと言って、性悪説で厳しいルールを作ると、同じように使い勝手の悪さが前面に出て、

 

本当にそれが必要な人に行きわたらないという、本末転倒な状況になってしまいます。

 

完璧で使いやすく、且つ公平性のあるルールを作るのって本当に難しいです。

 

基本的に助成金って、困っている人を助けるものであり、決してそれで儲けるものではないはずです。

 

これをいうとそれこそ本末転倒なのですが、最終的には使う側のモラルの問題なんでしょうかね?(謎)

 

ただ、弊社のルールには緩~いものが多いです。

 

今のところ悪用する人がいませんので・・・(笑)

 

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社長ブログ

お説教×3