ロゴ

ブログ
blog

ストレス対策

テニスの大阪なおみ選手が会見拒否した問題で、いろんな方からいろんな意見が出ております。

当初は否定する意見が大多数を占めておりましたが、うつ病を告白すると賛同する方が一気に増え、

否定した方を責めるといういつもの図式となりました(汗)

ただ、プロテニスプレイヤーという「職業」であるということを前提に、私は

「会見拒否しちゃいかんでしょ」という考えです。それもSNS経由というのがさらに問題。

 

最近の風潮だと、会見を拒否する「権利」もあるという意見もたくさん出るんでしょうけど、

プロスポーツはスポンサーとファンあってこそ、初めて成り立つ職業です。

実力がどんなにあろうとも、スポンサーがつかなければプロとして活躍することはできません。

スポンサーは自社のイメージアップや販売促進のためにスポンサー契約を結びますから、

実力はもちろん、振る舞いや素行についても厳しく評価してから契約します。

ときにはそれ以外にもいろんな条件をつけられます。

 

また、マスコミもプロである自分を記事にしてくれる存在です。

マスコミが取り上げない=話題にならないのであれば、スポンサーもつきません。

あまりにもゲスな質問はさておき、勝つときも負けるときもあるし、調子のいいときも悪いときもあるのが

人間が行うスポーツの楽しいところであり難しいところですが、その辺の折り合いをつけるのが

「プロ」テニスプレイヤーではないかと思います。

 

例えが古くて歳がばれます(隠してないけど)が、私はジョン・マッケンローという選手の大ファンでした。

テニスは遊びでしかやっておりませんでしたが、マッケンローに憧れてダンロップMAX200Gという

ラケットを購入したぐらいです。シュテフィ・グラフも使ってたね。

こんなのです。(画像は借り物ですが、実物も実家に眠っております)

当時(中学二年ぐらい)の私には超高級品&高額商品でしたが、お年玉を握りしめてドキドキしながら

買いに行った記憶が蘇ります。

マッケンローの素行は決して良くなかった(笑)けど、それを補って余りあるぐらいの

プレー&愛されキャラだったと思います。

そういう人にスポンサーはつくし、私みたいなのがそれに憧れて商品を購入します(笑)

余談ですが、この影響はいまだに続いており、車のタイヤはダンロップ派です

これがプロスポーツ界におけるビジネスモデルの一つではないかと・・・

それを理解した上で「仕事として契約」しているのでしょうから、それを一方的に破棄するのは

ビジネス上いかがなものかと・・・それが私の見解です。

 

ただ、鬱に関してはちょっと話が違います。

私の身内にもおりましたし、社員にもいたこともありましたから、本やネットの世界でしか知らない方

よりは理解しているつもりです。

 

ここからは推測が大部分を占めますが、その経験と反省から言えるのは、

ストレスを相談できる環境が整っていなかったのでは?

ということです。

家族・友人・仲間・チーム・同僚・・・

表現は色々とあるのでしょうが、損得勘定抜きで話ができる

周りにいなかったのかな?と思います。周りにいた人を責めているのではありませんよ

以前から試合中に感情をあらわにすることも多かったですし、性格的に自分を責める傾向

があったのかもしれません。

彼女の情報発信のスタイルを見ていると、SNSやスマホに依存し過ぎていたのかも・・・

とも思います。

それが最近の情報受発信の常識といわれるかもしれませんが、相手の顔が見えない状況での

やりとりは、それだけでストレスを感じるのではないかと思います。

エゴサーチとかしたら特に(汗)

 

彼女にとってプロテニス界がストレスを感じる環境ならば、そこから離れるのも治療の一手ではあります。

世界ナンバーワンになった才能の持ち主ですので、「もったいない」とかいう人もいるかもしれませんが、

本人の幸せなんて本人にしかわかりません。

鬱の症状次第では、それさえも判断できないのが厄介なんですけどね(汗)

 

ただ、多かれ少なかれ、人はストレスの中で生きております。

大人に限らず、子供だってストレスは感じています。

そんな中で生きていくには、先ほど述べた相談できる仲間がいる環境が大事だと

私は思います。

 

一覧へ戻る