ロゴ

ブログ
blog

新年会とまん防

不謹慎と言われるかもしれませんが、先週も行ってきましたよ、新年会。

韓国料理や和食、こんなの飲み食いしながら情報交換をしてまいりました。

社員教育やコロナ対策など、各社いろんな取り組みがあって勉強になりました。

 

その会話の中で、

「来週は会社から(飲み会)禁止令が出るかもしれんねぇ・・・」

という話が出ておりました。

昨日、福岡でも過去最多の感染者数を記録してましたし、県知事も「まん防」を含めた対応を取るとの

方針のようなので、その話も現実味を帯びてきたのではないかと思います。

 

実際、私自身が参加予定でした新年の集まりも、先週末の時点でほとんど中止(延期)になったりしております。

会食ありき&参加人数が多い集まりであれば、主催者側としては致し方ない部分もありますが、

会場となっている飲食店側には、まん防が出る前からすでに大きな影響が出ているとも言えます。

 

濃厚接触者(陰性)の隔離期間の短縮も、私の想定より短くならなかったことも頭が痛いことの一つです(汗)

検査側の負荷や万が一を考えての設定でしょうけど、エッセンシャルワーカーと同程度の設定にして欲しかった(涙)

以前よりはまし・・・とも言えますが、何百人も社員がいる大企業ならまだしも、

100名にも満たない私たち中小・零細企業においては10日は長い・・・(汗)

まだまだ分からないことが多いオミクロン株ですので、慎重になる理由もわからないわけでもないけど、

この長さだと「検査に行っておいで」と社員の背中を押す経営者がどのくらいいるものか・・・

逆に10日なら経済は止まらないと思っているのか?(謎)

 

以前、某コメディアンがテレビでコメントしておりましたが、コロナ(オミクロン)に感染するよりも、

緊急事態宣言が発出され、行動を自粛する世の中になることの方が怖い・・・と私は考えております。

 

軽症・無症状・陰性など判断が難しいし、命を軽んじるつもりは毛頭ありませんが、

もっと検証と議論を進めていただき、経済を止めないことを重視してもらいたい

リョーユウ工業㈱の社長でした。

 

一覧へ戻る