ロゴ

ブログ
blog

2022年度 新入社員面接

11月初ブログです。

ドツボにはまっておりました担当物件の図面書き&バラ図がようやく終わりました(喜)

ドツボにハマった理由は、久しぶりに本格的な製作物に携わって勘が鈍っていたことが一番ではありますが、

腰が痛くて長時間椅子に座っていられなかったことと、もうちょっと作業に集中して取り組める環境が

あれば、今週頭には終わっていたかな?

 

立場上、来客は後を絶えず・・・アポを取ってくれればまだいいのですが、

いつもブログを書いてサボってい暇々な社長

というレッテルを貼られておりますので、フラッと立ち寄られることが多いんです。

そんな気軽なお付き合いの方が好みなんですけどね(笑)

 

毎晩最後まで残って、戸締りして帰る生活もとりあえず終わり。

この2週間ちょっとは休日も図面とCADとにらめっこしておりましたので、

家族サービスなんて全くしておりませんでした。

明日の日曜日は、久しぶりに家族に美味しいものでもご馳走しようと思います。

 

といっても、納品したわけじゃないんですよね。

お客様からは「この日に塗装するからね」と強く言われております(汗)

これから工場に頑張って作ってもらいますが、スムーズに進むことを願うばかりです。

 

さて、前回のブログで書いた通り、10月で上半期が終了。

10月はみんな頑張って売上を伸ばしてくれましたが、時すでに遅し(汗)。

春先の借金は返すこともできず・・・赤字での折り返しとなりました(涙)

でも下半期にむけて、少し明るい兆しも見えてきたかなぁ~と感じております。まだわからんけど(汗)

 

そして11月に入ってすぐ、来年度新入社員面接を行いました。

今回は当方の都合で二日間に凝縮したので、かなり疲れました。

とにかく最近は面接時のNGワードが多くて、面接する側も気をつかいます。

応募者は応募者で緊張しているんでしょうけど、面接する側(私)も基本的に年に一度のイベントなので、

NGワードのおさらいをしたり、尋ねたいことをまとめたり、さらに最近の若い子の流行や傾向を

リサーチしたり・・・と、意外に大変なんですね(笑)

 

以前は大企業のように一次面接、二次面接・・・なんてことをやっていた時期もありましたし、

筆記試験を導入したこともありますし、私じゃなく人が欲しい部署や工場長に面接を担当させていた

時期もありましたが、残念ながら現在一人しか残っておりません(爆)

 

定着しないことによって「面接した側」が落ち込んだり・・・なんてこともありました。

落ち込むってことは、それだけ真剣に面接して採用を決めたということなので、

それ自体は決して悪いことではないんですけど、やっぱり定着してもらわないと、

その人の育成に費やした時間もお金も全てパァ・・・というかマイナスですからね・・・

企業としても辛いことであるのは間違いありません。

 

そんな経緯から、最近では私がマンツーマンで1時間以上をかけて、じっくり面接するようにしております。

これは中途も同じなんですけど、学校の成績が良いとか経歴が凄いとかは正直どうでもよくて・・・

その人のモノの「考え方」「捉え方」「答え方」などを聞き出して、当社の社風経営理念に共感してくれて、

その実現に向けて一緒に頑張ってくれそうな方を採用するようにしております。

 

ちょっと話がそれますが、最近では転職を後押しするCMが増えましたよね。

以前に比べ、転職へのハードルは下がったように感じます。

確かにキャリアアップということも否定はしませんよ。

自分をより高く評価してくれて、自分の生活も良くなる会社があるなら、

転職もいいのでしょう。

ただ、私たち規模の中小企業で、例えば大〇翔平例えがデカすぎのように

いくら給与を出してもいいからぜひ来てほしい!

といったハイスペックで転職を考えている人材が市場にあふれているかというと、

失礼ながら「経験上、会ったことないな・・・」というのが本音です(爆)

 

社会人として会社に何を求めるか? 何を重視するか?

その価値観は人それぞれではありますが、転職は慎重に(笑)

 

話を戻して・・・

 

ここで詳細は書けませんが、今回面接させていただいた方は、皆さん魅力的な方でした。

会社の都合で全員を採用することはできませんが、お金に余裕があれば一緒に働いてみたい人ばかりでした。

 

そういう人材を集めてくれた、リクルート担当の社員たちには感謝しかありません。

本当にありがとうね。

 

そんなこんなで数名に内定を出させていただきました。

まだ就職活動は続いておりますので、当社に入社してくれるかどうかはギリギリまでわかりませんが、

悩みに悩んで決めた皆さんなので、来年の春からぜひ一緒に働きたいと願っております。

前向きなご検討を、どうぞよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る