ロゴ

ブログ
blog

サツキと社員旅行とオリンピック

画像は弊社敷地内のサツキです。

昨年より少ないけど、今年も花が咲きました。

 

緊急事態宣言延長ということで・・・予想通りではありますが、まぁモヤモヤしているのは

間違いありません。

二週間後に予定しておりました社員旅行も、社員投票により中止が決定しました(涙)

元々「旅行先が緊急事態宣言指定地域に入ったら中止」という方針で進めてきましたし、事前アンケート

では「行きたい」が圧倒的多数を占めておりました。

が、福岡に緊急事態宣言が出てから、家族の方からの反対もあり、次第に状況に変化が・・・

旅行先は今でも緊急事態宣言は出しておりませんが、社員旅行は福利厚生の一環なので、

社員が喜ばないならやっても意味が無い

ということで社員投票をした結果、中止の意見が多かったのでスパッと決断しました。

 

それに伴って、取引先の皆さんにお渡ししております弊社のカレンダーの6/11(金)は出勤日となり、

代わりに6/19(土)をお休みにすることになりました。後日正式に連絡いたします。

 

オリンピックも開催か中止か、よくわからない状況ではありますが、どちらも

「こうなったら解除(開催)するよ」「これだったら延長(中止)するよ」

という明確な方針(基準)があればいいんですけどね~出すとは言ってるけどね

 

ここ最近、ようやくアスリートや諸外国から開催を疑問視する声が上がりだしました。

アスリートファーストの大会なんだから、アスリートが声をあげるのは非常によいことですし

大事なことですが、声をあげている人の大半は、すでにその競技で生計をたてている

プロの皆さんだということも理解しておかないといけません。

 

実際にIOCも「オリンピックへの参加は自己責任」なんて発言をしております。

そんななんの保証もないオリンピックで、コロナのリスクを背負いながら金メダルを取っても、

プロにとっては魅力的な報奨金(賞金)がでるわけでもありません。

それならある程度対策・管理が徹底されて感染リスクの低い競技別の大会で頑張った方が、

プロとしてはメリットが大きいからこそ、開催の是非について発言できるのかもしれません。

それでも日本のプロからは出場辞退は出ないでしょうけど、でたら衝撃的ですね

 

アマチュアの方は、こういう大会でメダルを獲得する・しないで、その後の生活が全く変わります。

それこそ「人生をかけて」、今大会に挑もうとしている方もいらっしゃるかもしれません。

ピークの短いアスリートは、終わった後の人生の方が数倍長いわけですから、

「中止した方がいい」なんて発言ができないのも当然のことでしょう。

 

IOC重鎮の発言しかり、パブリックビューイングの建設・設置しかり、パ〇ナや電〇との契約しかり、

スポンサー企業の社説しかり、今大会ほど政治とお金の問題、本音と建て前、ダブルスタンダードが

クローズアップされる大会も珍しいのではなかろうか?

 

経営者目線で言うと、社員の守秘義務云々の問題も耳が痛いところではあります(笑)が、

今回のことはオリンピックとは言えども、あくまでも国民が納めた税金の使い道

の話ですから、その部分が不透明ではいけません。

 

ぶっちゃけていえば、アスリートファーストと言いながらも、そこには政治と金の問題が昔から

必ずありますそれを隠すからおかしなことになる・・・(爆)

今さらそれが悪いとは申しませんが、今大会はコロナ関連の国民への補償が不十分だという指摘を

受けている中だからこそ、こういうことが表面化しているのだと思います。

 

元々「オリンピック開催派」である私ですが、ここ最近の諸々の発言や動きを見ていると、さすがに

「開催しない方がいいかな?」なんて気持ちにもなってきました。遅い?(爆)

 

開催されても「コロナに打ち勝った証の五輪」にはならず、「政治とお金とコロナの五輪」

となりそうな・・・

まぁそれはそれで、新たな問題提起ができるので「あり」とは思いますが、開催しても中止にしても

開催国にメリットはないような・・・(謎)

 

ホント、スポーツの祭典を楽しむというよりも、それ以前の諸々の駆け引き?主義主張?に

興味が向いている私です。

この事態を会社経営に活かすべく、色々と考え、勉強していこうと思います(爆)

 

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社長ブログ

自走する社員