ロゴ

ブログ
blog

サッカーと社内セミナー

今朝の私の体温。

昨日も書きましたが、平熱が35度後半の私としては、まだまだ高いと言わざるを得ません。

今朝、そんな話を先輩女性社員にしたら、

「私も若いときは平熱が35度台だったけど、歳とると次第に平熱が上がるものよ」

と言われました。

彼女の見立てだと、どうやらワクチンの副反応ではなく、加齢による結果だそうです(汗)

これを聞いて、意地でも35度台に戻す!と誓ったリョーユウ工業㈱の社長でした。

 

さて、昨晩行われた日本対フランスのサッカーの試合、結構興奮させてもらいました(笑)

あくまでもU-24&フランスはベストメンバーではないという但し書きがつきますが、

セットプレーではなく、流れの中からの得点であったことが日本のサッカーのレベルが

上がっていることを証明しているような気がします。

次戦も楽しみに応援しようと思います。

 

ここ数日のオリンピックに対する報道やコロナ対応についてはツッコミどころが満載なので、

何から書けば良いか悩みます(笑)

ですので一旦お休みして、今日は社内の出来事を書きます。

 

昨日の夕方は、社内でこんなことをしておりました。

メインバンクの営業マンに講師をお願いして、社員向けに資産運用の簡易セミナーを開催しました。

 

斜に構える人ですと、

「それって銀行が儲かるようになってるからするんでしょ?」

と仰るでしょう。

銀行も商売ですから、もちろんそれも否定しませんよ。

 

でもね、ゼロ金利と言われて早数十年・・・

タンス預金はもちろん、銀行に毎月一定額を預けていけば、お金は貯まるかもしれませんが

増えることはありません

一回の飲み会で消える金額であっても、それを利子で増やそうとしたら、億単位の預金が必要な計算に

なる金利です。

私も子育てを始めて20数年、子供たちにとんでもない額の投棄投資をしてきました。

小さい会社ながらも社長をやっている私でさえも「きついなぁ」と感じてきたのだから、

一般社員レベルではさらにきつい資金繰りが予想されます(汗)

さらに平均寿命も長くなり、年金を貰える歳も高齢化する世の中です。

 

「自分の人生、今が楽しけりゃいいじゃん!」

という、30年前の私のような考えだと、自分で自分の首を絞めるようなものです(爆)

「自分の人生」とは言いながらも、結婚して家族が増えれば、それもあわせて「自分の人生」となるわけです。

孫へのプレゼントも、自分の人生のひとつといえるかもしれません(笑)

 

「こんなに給料いらないよ」

と社員が言ってくれるくらいの給与を渡せられていれば、それに越したことは無いのでしょうけど、

現状ではかなり困難(汗)

もちろんお支払いした給与ですから、貯蓄に回そうと、全て使い切ろうと、使い方はその人の自由です。

 

ただ、私が常日頃、社員に向けて強く伝えていることがあります。

「知っててやらないのと、知らないからやらないのは

 全く意味が違う」

ということ。

前者は色々と勉強(情報収集)し、いくつかの手段を会得した中で、「自分には向いてない」=やらない

という判断であり、後者は「勉強するのが面倒だからやらない」=できないということ。

どちらも自分の意思で決定しているように見えますが、「できない」は、

そこにある今より良くなる可能性をゼロする、

とんでもなくもったいない行為だと考えています。

 

そんなもったいないことをするのではなく、面倒でも少しだけ勉強してもらって、

その「手段=選択肢」を知ったうえで判断することを、常日頃から当社の社員には求めております。

その結果、社員の2/3(18~62歳まで)が受講してくれました。

 

個人の資産や人生設計にかかわることですので、この場では突っ込んだ話はおこなっておりません。

あくまでも概要のみの説明でしたが、興味があれば別途個別に詳細をつめる予定です。

 

いつも頑張ってくれている大切な社員の人生です。

「余計なお世話だよ!」と考える社員もいるかもしれませんが、縁あって当社で働いてもらっている

わけですから、今回のセミナーを聞いたうちの一人でも二人でもいいから、定年退職した後

人生も含めて、少しでも楽しく、実りあるものになるきっかけ作りになったのなら幸いなのですが・・・

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧