ロゴ

ブログ
blog

時代が私に追い付いた  ~息子の卒業式~

家族の濃厚接触者の自宅待機期間が5日目に解除されるようになるんだとか。

ようやく時代が私に追い付いてきたと感じているリョーユウ工業㈱の社長です。

このタイミングじゃ遅いけどね(爆)

 

普段から高田純次さん並みの無責任適当な発言しか聞いていない社員や取引先の営業マンは、

「何言ってんだ、あいつ」

と思うのでしょうけど、とか思い付きとは言いながらも、いろんなデータを鑑みながら発言している私。

小規模ながらも足掛け23年間、会社のトップを務めさせてもらっているわけで・・・

運だけでやってきたわけじゃないんやで~

 

 

 

 

 

 

はい、結果論です(笑)

実際の中身は、運50%、周りの手助け49%、私の努力は1%ぐらいかな?

でも、助けてくれる人が周りにいたというのもと考えると、

実際には99%の運で続けてこれたといえるのかもしれません。

ホント、皆さんには感謝しかございません。これもマジですよ

 

さて、今日は息子の卒業式に出席してまいりました。

当校で41回目の卒業式だそうです。

ちなみに私の母校でもありまして、私は3回目の卒業生でございます(笑)

私の卒業から38年を経て、息子が同じ学校を卒業するというのは、

個人的にはなかなか感慨深いものがございました。

 

でもね・・・全然泣けなかったのよ・・・

コロナで式自体が簡略化されているからっていうのもありますが、それ以上に息子をはじめとした

卒業生に涙がほとんどない(汗)

いかにも最近のサバサバした若者たちの卒業風景でした。

各クラスに戻ってから、担任の先生より卒業証書が授与されましたが、それも別室でモニター越しに

見せられただけ。

しかもカメラ&マイクのレイアウトが悪く、息子がどこにいるのか、いつもらったのか全く分からんし・・・

ということで最初から最後まで、泣く場面は皆無でしたね・・・

 

個人的に一番グッときたのは、1年前から目をつけていた

私好みの可愛い先生♡が涙していた

ところですね(爆)

それを知ってる嫁は、隣から冷ややかな視線を向けてきました(汗)

ただ、可愛いとはいっても、初めて見たのが1年前なので、

マスクした顔しか見たことないんですけどね。

彼女の素顔を拝見することなく息子が卒業してしまったことが一番悔しいです(涙)

保護者席最前列を確保できたおかげで、息子が目の前に座っていたのに、カメラを向けても全く親と目をあわせません。

思春期といえばそれまでですが、可愛げのないやっちゃ(呆)

 

こんな感じで我が家の1大イベントの一つはサラッと終了しました。

明日は娘の卒業式ですが、本人以外は参加不可とのことで、着付け会場で写真だけ撮ってきます。

早くコロナが終わりますよ~に

一覧へ戻る