ロゴ

ブログ
blog

個性的?

画像は毎年、飲み屋のお姉さんからいただく宝くじ。

先日発表がありましたが、これまた例年通り当選することなく紙切れに変わりました(爆)

この結果を受けて、来年度も真面目に働くことが決定!

早速来年度の計画を練り始めた、リョーユウ工業の社長です(笑)

 

さて、先週土曜日はお客様と会食。

たまたまお住まいが近所でしたので、私の友人がやっている居酒屋で開催しました。

昨年、ここでこんなボトルを入れておりましたが、しっかりキープしてくれておりました。

が、あっという間に無くなったので、ニューボトルを投入。

ラオウバージョンです。

とりあえず並べて写真を撮りました(笑)

ピントが甘い(汗)

この店にはもう在庫が無いので、これで終わりでしょうね~

 

さて、会食の際、同席した当社の営業マンが

「リョーユウ工業の社員は個性的で面白い」

なんてことを申しておりました。

かく言う彼も、私に言わせれば個性的(笑)なんですが、

お客様も同様に「弊社の社員は個性的な人が多い」的なことを仰っておりました。

 

社長が変人だから変人個性的な人ばかりが集まってくるんだよ!

という声が聞こえてきそうな気もしますし、それも否定できませんけど

それでも考えながら採用しているんですよ!

という言い訳を今日はさせてもらおうかと・・・(笑)

 

弊社は私が社長に就任して26年目に突入しようとしており、

全社員の70%弱は私が面接して入社した者になりました。

私が面接する際、重視しているのは

 

・私がその人と一緒に働きたいと思うか?

・元気があるか?

・この人が入社したら面白いか?

 

ということです。

 

最初の2つはほぼ第一印象で決まります。

一方3つ目の面白いというのは、別に話上手で面白いという話ではなく、

この人が入ったら、会社がこんな感じに変わるのでははないか?という

化学変化を期待してのことです。

そこには社員のキャラ的なこともありますし、持っているスキルによるところもありますが、

どちらかというとキャラ優先でしょうか?(笑)

 

人材構成は経営者の考え方によるところが大きいですが、私はいくら優秀であっても

同系統の人材はまず入社させません。

出来る限り現在の会社にいないキャラ(人材)を好んで入社させます。

 

経験上の話ですが、入社するとその会社の環境・風土に染まってしまう

ということが往々にしてあります。

染まってしまうというのは、言い換えれば適応しようということでもあり、

悪いことばかりではないのですけど、私はそれを良しとは考えません。

お互いのキャラを尊重しつつ、刺激を与えあう関係であることを良しとします。

 

そんな考えの元に人材採用に取り組んでいるので、

結果として個性的な社員が多くなるんでしょうね(笑)

 

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社長ブログ

けっせき2