ロゴ

ブログ
blog

入院してきました その2

画像は今朝の弊社敷地内の桜です。

伐採の影響がどの程度出るか心配でしたが、思った以上に元気に咲いてくれました。

剪定業者の方が、いい仕事をしてくださった結果だと思います。ありがとうございました。

 

さて、前回の続きです。

3月22日朝から病院へ向かい、入院手続きを進めます。

思ったよりスムーズに進みました。

こちらの病棟には個室しかないとのことで、事前に希望を聞かれておりました。

短期なのはわかっていたし、個室ならどこでもいいや!ということで、

個室Bもしくは個室Cを希望しておりました。

が、いざ手続きを進めていくと全て満床とのこと。

「おいおい、ここまできてどうすんだ?また延期?(汗)」

と思っておりましたら、

「個室Bの価格で特別個室Aを提供いたします」

とのこと。

「おいおい、4倍以上の価格だぞ。本当にいいのか?」

と思いながらも案内してもらうと・・・

 

イヤん、ムダに広い(笑)

テレビもエアコンも2台ずつあるし、ソファーベッドまであります。

当然?シャワーとトイレも完備。

写真はあるのですが、あまりこういう情報をさらすのも良くないかと思うので、

この程度にしておきます(笑)こんな社長室が欲しい

さらに部屋番号も私の誕生日と一緒!

もう完全に俺用の部屋やん!

運命としか言えません。

大〇翔平ほどではありませんが、やはり持っている男は違いますね!自画自賛

入院早々昼食が出たので、WBC決勝を観戦しながらのんびりいただきました。

優勝の瞬間は、病棟各室から歓喜の声があがっておりましたよ(笑)

侍ジャパンの皆さん、優勝おめでとうございます。

 

そして早速治療開始。

シャンパンファイトの開始に合わせて、点滴も開始しました。

 

こんな治療を三日間続けるわけですが、とりあえずパソコンも持ち込んで、

仕事しているフリはしておりましたよ。

個室で静かで快適だし、上げ膳据え膳だしで、

ずっとここで仕事をしていたい気分になりました(笑)

ただ、コロナのこともあって病棟エレベーター前のセキュリティは結構厳しく、

IDをかざさないと出入りできません。

当然面会も謝絶。

ということで悪いことはできませんでした(爆)

 

でも、ずっと病室にいるのも嫌だったし、パソコンに向き合っていると

「少しは目を休ませなさい」

可愛い看護師さんに怒られた(喜)ので、

空いた時間は敷地内の桜を見ながら散歩しておりました。

といってもずっと雨でしたので、雨が上がったタイミングを見計らってですけどね。

そして思いの外日焼けして顔が真っ赤になりました(汗)

 

一方、いつ看護師さんが病室に来ても病室にいないことが多かったせいでしょうか?

それとも看護師さんと出会ったら出会ったで話し込んでしまい、

業務の邪魔を繰り返したせいでしょうか?

三泊四日の入院のはずが、二泊三日で追い出されに短縮されました(爆)

まぁ副作用も不眠と便秘以外なかったことも影響しているかもしれませんが、

本当のところはわかりません・・・(謎)

 

こんな感じであっという間に入院生活は強制終了しました。

そして当日午後からは出社しております。

 

が、正直なところ、症状は今もあまり改善しておりません(汗)

視野は少し広がったような気がしますが、手元は相変わらず見にくいし視力も戻らず・・・

白色は黄色がかったベージュ色に見えるし、ダークグレーは黒にしか見えません。

パソコン作業もできますが、遠近感は今一つとれません。

 

でもこうなってみて人間の脳って凄いなぁ~と感じるのが、

両目で見ればきちんと画像が補正されること

車の運転も、細い道での離合やすり抜けには気を遣いますが、

交差点などは普段以上に首振りすれば全く問題なし。

遠近感の問題で球技などは厳しいでしょうが、普通に生活するのには大して支障はありません。

 

とはいえ・・・

検査から入院まで結構なお金と時間を使ったわりに、

手術はしてないから保険も大しておりません(汗)

これから3ヶ月ほどは通院を続けながらステロイドを飲み続け、山ほどある

その副作用を抑える薬も飲みながら体調管理をしながら過ごさなければなりません。

朝からこんなに飲んでます(笑)

ここまでするんだから治って欲しいですよね(笑)

今回の治療が実を結ぶことを願っているリョーユウ工業の社長でした。

 

追記です。

こんな感じで月初からバタバタしておりまして、ホワイトデーを実行できておりません。

忘れているわけではございませんので、いましばらくお待ちくださいませ(汗)

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社長ブログ

刺激を受ける

社長ブログ

けっせき2