ロゴ

get wild

最近、Twitterでget wild退勤がバズっています。

なんと、get wild この令和の時代にダウンロード2位まできてます(汗

そう、あのTM NETWORKのゲットワイルドです。

シティーハンターのエンディングのように

終業30秒前からフェードインしながら曲を流すと

大きな仕事をやり遂げた気になり

颯爽とジャケットを羽織り早く帰るようになる…らしいです。

30〜50代の人にはしびれるような内容ですね。

30年以上TM NETWORKの大ファンなファンキーRです。ずっとずっとFANKSです。

皆さんこんにちは。

と、いうことで今日は話が超絶長くなります(笑

実はファンキーR、はじめて行ったライブが

小学6年の時のTMNのリズムレッド ツアーだったりします。

シティーハンターでゲットワイルドを知り

ガンダム 逆襲のシャアでBEYOND THE TIMEを知り

僕らの七日間戦争でSEVEN DAYS WARを知り…

ずっと観に行きたくて、親に嘆願し

兄貴にコビを売りお年玉をはたいて兄貴と一緒に行くのが条件でライブを観に行ったのを

いまでも鮮明に覚えています。

ファンキーR、会社に入った時からずっと使ってるものがあります。

TM NETWORKのツアータオルです。

もうクタクタになってしわっしわのヨレヨレです。

そんなこんなで、小室哲哉さんの影響をうけ

DTM(デスクトップミュージック)を趣味でやっております。

では、さっそく聴いて下さい

↓↓ファンキーRアレンジのget wildです。

※こちらの楽曲について、全て権利はSONY MUSICに帰属します。

 

そうですね、わかってくれますよね?

この2台のシンセサイザー

上がYAMAHA EOS B500小室哲哉モデル

下がYAMAHA QS300浅倉大介モデル(浅倉大介はTMのツアーサポートキーボーディストだった。TMレボリューションの曲を作ってるしaccessの人)

そんな今でも人気が高い激アツなシンセサイザーです。

そろそろ、リョーユウ軽音部を発足しようかな…ボソッ

リョーユウ工業社歌作るのでシンセサイザーとオーディオインターフェイスを購入して下さい

え〜と、どんだけ長く引っ張ってるんだ?仕事の話しはどうした?と、いう視線が痛いほどにあびせられてきました。

工場内を覗くとT次長が頑張って曲げています。

複雑な形状ですがピターっと重なると

とても気持ちがいいですね。

 

レーザーの方では

ガラリが作られていました。

看板の側面とかによく使われていますね。

でも、私これ見るとですね、いつも

車のパーツに使えるなぁ

と、思ってしまいます。

シャーリングを見てみますと

6Mクラスの材料が数セットあります。

板取りの勉強会なども開催されました。

少しずつですが工場にも活気が戻って参りました。

それでは、今日はこの辺で…

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事一覧

社員ブログ

社員ブログ

おでん君

社員ブログ

wake up!